プロジェクトテーマ

熱可塑性CFRPの開発及び構造設計・応用加工技術の開発

熱可塑CFRPによる自動車軽量化への挑戦

●世界的環境規制により、CO2削減、燃費向上のニーズが高まり、自動車の軽量化が急務。
●名古屋大学集中研分室では、軽量化と低コスト化の両立技術として、熱可塑性CFRPを使った高速大物プレス成形  (LFT-D工法)の実証研究を実施。
●名古屋大学NCCをコアに、炭素繊維メーカー、自動車メーカー、産機メーカーが参加した産学協同体制で推進。
●今年度は自動車用フロアパネル及びサイドフレームが完成するなど着実に成果を上げている。

「研究体制 」

kenkyutaisei

「LFT-D(Long Fiber Thermoplastic-Direct)とは 」

LFT-D

「技術実証構造体組立予想図 」

kousou

研究成果

フロアパネルfloorpanel
サイドフレームsideframe

応用分野と将来展開

●本研究によりシャーシ構造への応用可能性が確認されれば、キャビン構造など自動車  のあらゆる部材への応用が可能となる。
●将来的には、LFT-D技術からなるAll Composite構造への展開を検討していく予定。

目標達成のための課題点

●LFT-Dランダム配向素材の特性解明
●LFT-D大物高速成形技術の最適プロセス条件の確立
●LFT-D成形品の高速接合技術、非破壊検査技術の研究開発

最近の成果紹介